学校行きたくないと、ベッドに接着剤でくっつく。

AFPBB Newsから

ベッドに自分をのり付け、メキシコ人少年の「学校さぼり作戦」
2008年01月08日 10:11 発信地:モンテレイ/メキシコ

【1月8日 AFP】メキシコ北部モンテレイ(Monterrey)で、10歳の少年が自分を強力接着剤でベッドに「のり付け」して離れなくなり、救急隊が出動するという事件があった。

 ディエゴ・パラシオス(Diego Palacios)くんはAFP記者に対し、「クリスマス休暇があんまり楽しかったから、学校に行きたくなくなった。ママが強力な接着剤を買っていたのを思い出して、ベッドに自分を貼り付ければ、自分を学校に行かせることができなくなると思ったんだ」と理由を語った。

 ディエゴくんが使用したのは、靴製造に使用する業務用接着剤。この超強力接着剤でディエゴくんは自分の手をベッドの頭板の金属部に貼り付けた。

 これに気づいた母親のサンドラ・パラシオス(Sandra Palacios)さんが、息子の手をベッドから引きはがそうと試みたが失敗。救急隊と警察官に助けを要請した。救急隊員らが化学接着剤用の溶解スプレーを用いて「必死の救助作業」を行った結果、2時間後、ディエゴくんは無事にベッドから引きはがされた。救助作業の間、ディエゴくんはマンガを読んでいたという。

 サンドラさんは、普段のディエゴくんはとても良い子で「なぜ、こんなことをしたのかわからない」と首をかしげている。

 この騒動の後、結局ディエゴくんは数時間、遅刻して学校に行かされた。(c)AFP

風邪をひいて熱を出せば学校に行かなくてすむと思い水風呂につかる、
というエピソードを小学生か中学生の頃、とある漫画で読んだ事がありました。

そして、いつか実行しようと思ったことがあります。

しかしながら、 接着剤でベッドにくっついてしまうという考えは思いつきませんでした。
必死の救助作業中でも漫画を読むなんてなかなか肝の据わった男の子ですね(笑)
よっぽどイヤだったんでしょう。

きっと彼は学校で英雄になったに違いないです(笑)

そして、接着剤で我が身をベッドに貼り付けたというエピソードは、
彼に一生くっついて離れないんですよね。

“学校行きたくないと、ベッドに接着剤でくっつく。” への 3 件のフィードバック

  1. たしかにかぜひかんかなぁ・・・
    とか骨折せーへんかなぁ・・・
    今でも、たんまに骨折したいなって思います^^;
    って思ったりした!!
    接着剤はすごいね!!
    ちなみに熱さがってよかったよかった!!
    そんなにあってんねぇ・・・
    しらなんだ・・・

  2. いいなぁ、好きだなぁ、こういう発想。
    実際にやっちゃうんだもんな。
    剥がれなかったらどうしよう、とか考えなかったのかな。
    しかも結局遅刻して行かされちゃうんだもんな、学校。
    ここまでやったのに。
    世知辛いなぁ。

  3. >ゆか
     コメントありがとうございます。
     今でも思うんですか!?(笑)
     ぜひ、見習って接着剤でくっついちゃってください(笑)
     そう、熱あったみたい。お陰様で快復しました。ありがとうございます。
    >ペンギン
     コメントありがとうございます。
     ベッドに寝転がってマンガを読んでいられればそれで良いと思ったのでしょうね。
     ちゃんと後先を考えられるのならば、そもそも接着剤でくっつきませんて(笑)
     たしかに、、、世知辛いです(笑)

ゆか にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です