バスの運転手さんに感謝。

今朝、バスから降りようとすると、運転手さんが左手を伸ばして私を制止し「少しお待ちください」と言う。え、私のICカードに何か異常でも?と思ったのですが、「自転車が後ろから来ているので」と気遣ってのことでした。
降り口から顔を覗かせると、スポーツタイプの自転車が後ろから接近していました。降りるバス停は上り坂の途中なので、スピードも遅く歩道を走っているとはいえ、自転車も一度止まったら次の漕ぎだしが大変ですしね。
乗客と自転車の安全のために、わざわざ声をかけてくれた運転手さんに感謝です。自転車のお兄さんは軽く会釈をして通り過ぎていきました。
運転手さんに改めてお礼を言って、朝からとても良い気持ちでした。その自転車は10m先の赤信号を無視していってしまうではありませんか。車窓越しに運転手さんと顔を見合わせ肩をすくめあってしまいました。

アミノバリューはアレルギーに注意。

以前、大塚製薬が発売している「アミノバリュー」を気に入ってトレーニングやレースで活用していました。
アミノバリューは、必須アミノ酸BCAAを手軽に補給できる飲料で、ペットボトルタイプ、パウダータイプ、顆粒タイプなどがあります。
手軽に持ち歩けて、すぐに補給できるので、顆粒タイプをよく使っていました。
20160704
当初はより長くトレーニングができたり、レース中もパフォーマンスがあがる気がするなど、BCAAすごいなぁと思っていました。
しかし、ある時からあまり体に合わないと感じるようになりました。
なんだか胃腸の調子が悪くなり、気分が悪くなるなどしていたのです。

熱中症かなとも思っていたのですが、アミノバリュー(サプリメントスタイルの顆粒タイプ)の接種をやめると、そういった症状も出なかったのです。
アミノ酸なんだし、体に悪いってことはないだろうに、本当にアミノバリューが原因なのか?と半信半疑だったのですが、
4年越しくらいでその謎が解けました。

アミノバリューサプリメントスタイルの箱に
「本製品は小麦・かに・えびを含む製品と共通の設備で製造しています。」
と小さく書かれていたのです。

これだったのか!

私、エビ・カニのアレルギーを持っています。
そこまで重度ではありませんが、普段から食べないようにはしています。

今までなぜこの表示に気が付かなかったのだろう。
アミノバリューの公式サイトにもこの情報は載っていません。
大塚製薬の公式サイトから、
「お問い合わせ窓口」→「お客様相談室」→「飲料・食品・サプリメント」→「アレルギー」
と進んでいかないとこの情報にたどり着けませんでした。

アミノバリューのペットボトルやパウダーといった他の製品には、このようなアレルギーに関する情報はないようです。
持ち運びも接種も便利なアミノバリューサプリメントスタイルだけ、
残念なことに小麦・かに・えびが混入する可能性があるということですね。

もうちょっと分かりやすいように注意喚起してくれれば良かったのに、とも感じます。
でも、原因が分かって、これでとてもすっきりとしました。

トリオの結成ならず。

先日、出勤するときに駅前で2人のおじさんが言い争いをしていました。
原因はよくわからないのだけれど、きっと些細なことなんでしょう。

「ボケぇ!」と叫ぶおじさんA。
「誰がボケじゃ、お前がボケやろ!」と言い返すおじさんB。
「なんやねん、お前の方がボケやろ!!」とさらに言い返すA。

殴り合いにならないかと心配しながら、ちょっと歩む速度をゆるめて、
仲裁に入ろうかどうしようか思案しました。

でもいまは、そもそもの原因よりも、今はどっちがボケかということでモメているみたい。
2人ともボケよりもツッコミの方がいいのかな。
「ほな私がボケやるから、あんたら2人がツッコミやったらええがな!」とか言いながら入ろうかどうしようか、迷ったのだけれど、
しばらくしたら、2人とも違う方向に歩いて行っちゃいました。
トリオの結成ならず、残念。

生存報告。

ずいぶんと時間があいてしまいました。
そろそろ、生存報告をしておかないと…。

先日、京都マラソンのボランティアをしてきました。
語学ボランティアで、英語での対応が主でした。

選手として各大会には何度も参加させてもらっていますが、
ボランティアとしてマラソン大会に参加するのは初めてです。
今までの分、ほんの少し恩返しできたような気がします。

特に、外国の方への対応は、「京都マラソン」だけでなく、
「日本」「日本人」への評価や印象に、少なくない影響を与えるだろうと思います。

また走りたいと思ってもらえたなら、嬉しいなぁ。

ラグビー観戦。

仕事の合間に、ラグビー観戦してきました。
ラグビーは、観るのもやるのも好きです。

しかし、観るといっても、
テレビで観戦したか、高校生の時にラグビー部の練習を見たことがあるくらいで、
こんなに間近でラグビーを観るのは初めてのことかもしれません。

寒い中、選手達はとても頑張っていました。

迫力があって、みんな格好良かったです。

2014-12-06-1.jpg

2014-12-06-2.jpg

2014-12-06-3.jpg

心拍計のストラップが寿命。

私の普段のトレーニングやレースで欠かせないのが、心拍計です。
初代はTIMEXのもの、2代目がPolarのものです。

現在使っているPolarは、2011年の秋から。
GPSもついているので、ペース管理も楽ですし、ランニングだけでなく、
スイムや自転車のトレーニングでも活躍しています。

約3年使っていますが、最近になって正確な心拍を拾わなくなりました。
めっちゃ追い込んでいるのに心拍98とか、軽く流しているのに203とか。

どうやら、ストラップが寿命のようなので新しいものを注文。
今までありがとう。明日からまた新しい気持ちで頑張ります。

2014-10-09-1b.jpg

三宮から宝塚までトレイルラン。

そろそろ生存報告をしておかないと!
先日、三宮から宝塚までの六甲中走路を走ってきました。
7時45分に三宮を出発。
三宮 ~ 市ケ原 ~ 摩耶山 ~ 縦走路 ~ 塩尾寺 ~ 帰宅ラン
目標は宝塚の公園に5時間以内につくこと。
その日は涼しくてとても走りやすかったです。
しかも、日曜日だというのに、ハイカーの方は少ないし、
自動車やサイクリストの交通量もほとんどありませんでした。
一番多かったのは、私のようなトレイルランナー。
久しぶりのロングランなので、
登りは心拍が180を超えないように、ゆっくりゆっくり。
下りは150を下回らないように気を付けて、ほどほどに。
掬星台(摩耶山)と一軒茶屋で少しずつ休憩をとり、
大好きな東六甲分岐点以降のトレイルを楽しみました。
結局4時間半で宝塚の公園に到着。目標達成。
もう一度休憩をいれて、自宅までLSDペースでラン。
ちょうどよい疲労感で、翌日からの仕事も頑張ることができています。
※そろそろこのブログを一新したいなぁと考えています。
でも、このまま残していくこともありかも、とも考えています。
さて、どうしたものか。

ボランティア精神の成長。

今年に入ってから、
消防局が開催している(兵庫県では「市民救命士」と呼ぶ)救命講習(普通・上級)、
赤十字社の講習(基礎・救急法救急員養成)を受けてきました。

いずれも、CPR(心肺蘇生)から始まり、
三角巾の使い方や、止血法・搬送法などを学びます。

それぞれ、基本的なことは同じですが、
コンセプトの違い等から(?)細かいところが少しずつ違っていました。

これらの講習を受けてから、
目の前で鼻血を出す人がいたり、熱中症で倒れる人がでたりしましたが、
とても落ち着いて行動することができました

それに、なんだか「ボランティア精神」が成長した気がします。
自分に出来ることがあるのなら、積極的に協力しようという気持ちが大きくなりました。

技術や知識だけでなくて、そういった精神的なものも得たもののひとつです。

小さなことだけれど、嬉しい。

先日、
授業でBilly Joel(ビリー・ジョエル)のJust the Way You Areという曲を紹介しました。

ついでに、HonestyNew York State of Mindも紹介しました。

どの曲も私の好きな曲です。

後日、とある生徒が私のところへやってきて、
「先生、私Billy JoelのCDをレンタル屋で借りました。とてもいいですね!」
と言ってくれました。

小さなことですけれど、
自分の伝えようとしていることが、少しでも伝わったのかなと思うと、
嬉しい限りです。